ベッド自動車の運転が上手な人と不得手な人の違いはどこにあるのでしょうか。大きな違いのひとつは、運転のスムーズさにあると言われています。運転の上手な人の運転というのは、発進、加速、減速、ステアリングといった各種操作において、アクセル操作、ギアチェンジ、エンジンのふかし方、ブレーキング、エンジンブレーキも含めた減速の仕方、コーナリングといった一連の操作が流れるようにスムーズです。運転のスムーズさというのは、同乗者が如何に快適でいられるかということにつながります。運転のうまい人の車に同乗すると、とにかくストレスがなく、車を運転していなくてもドライビングプレジャー(表現が適切かどうか分かりませんが)を感じることができるほどで、思わずドライバーに身を寄せたくなるほどです。対して、運転の不得手な人の車に同乗すると、アクセル操作やブレーキ操作を繰り返す度にカックンカックンと前後の身体が忙しく揺さぶられ、コーナリングでは左右の姿勢変化も大きくなります。当然ながらストレスや疲労が蓄積されることになります。また運転がうまい人ほど、シートの設定やミラーの配置に神経質なほど気にかける傾向があります。また総じて慎重であることは基本です。多くのレーサーは公道走行において神経質なほど周囲の状況確認を繰り返すと言います。例えば、交差点に進入する際、左を見て、右を見て、また左を見てというようなことを執拗に繰り返します。これは一般の人よりも車の危険さに過敏であることの証明と言えます。